判例5-民事訴訟法

2009年10月25日 (日)

最判平成21年10月16日-外国の私法的行為の民事裁判権免除

外国国家の私法的ないし業務管理的な行為は,民事裁判権の行使がその主権的な権能を侵害するおそれがあるなど特段の事情がない限り,民事裁判権から免除されない。

続きを読む "最判平成21年10月16日-外国の私法的行為の民事裁判権免除"

| | コメント (0)

2009年7月14日 (火)

最判平成21年7月14日-債権差押命令と遅延損害金

債権差押命令の申立書には請求債権中の遅延損害金につき申立日までの確定金額を記載させる執行裁判所の取扱いに従って上記命令の申立てをした債権者は,特段の事情のない限り,配当期日までの遅延損害金の額を配当額の計算の基礎となる債権額に加えて計算された金額の配当を受けることができる。

続きを読む "最判平成21年7月14日-債権差押命令と遅延損害金"

| | コメント (0) | トラックバック (0)