« 東大ノート | トップページ | 最判平成21年9月29日-民法900条4号但書前段と憲法14条1項 »

2009年10月 7日 (水)

予備校の利用方法

masoブロ さんが,予備校の利用についての記事 を書かれています。

利用することに決めたら主体的にかつ徹底的にやる

と書かれていますが,あえて「主体的に」という部分を,私なりに解釈すると,

目的意識を持ち,その目的実現のための限度で,徹底的にする

となると思います。

私は,論文対策のほかは,模試しか利用しませんでした。

論文対策の目的は,

3時間・4時間・6時間の時間の感覚の把握
他人の目による,学習方向の補正

というもので,模試の目的は,

5日間の過ごし方のリハーサル
本番での自信付け

というものでした。

この目的実現のためには,復習という作業は不要ですから,
「補正」に必要なもの以外は,全くしていません。

ということで,重要なのは,主体的に行うということです。
何も,予備校利用の方法に限りませんけどね。

他の人が行くから行く,無料・安いから行くというような,
主体的でない手法は,合格に向けては何も生み出しません。

予備校は利用するものです。
利用されないように気をつけることは,お互いのためです。

|

« 東大ノート | トップページ | 最判平成21年9月29日-民法900条4号但書前段と憲法14条1項 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東大ノート | トップページ | 最判平成21年9月29日-民法900条4号但書前段と憲法14条1項 »