« 合格者体験談 | トップページ | 新司問題解析の方法論 »

2009年9月23日 (水)

司法試験受験生ブログの行く末

司法試験受験のブログを書いていて,合格した場合,みなさん,そのブログはどうするのでしょうね。

私は,閉鎖はしませんが,修習開始までに,更新を停止しようと思います。

開設してから半年足らずではありますが,それなりに愛着もあります。

しかし,修習開始により,立場が変わります。
責任が重くなる以上,これまでのように好き勝手書くわけにもいかないのかな,と。
何かあったとき,これまでより多くの人に迷惑をかけかねませんからね。

 

更新停止まで,お出しできるものは出していこうと思います。

とはいえ,後順位合格ですので,そのあたりは念頭においてくださいね。
逆に,少なくとも合格線を越える!っていう意気込み(?)には最適だったりして。
あと,2回目合格ってのは,1回目に比べれば貴重な存在なのかも。数的に。

何かご希望等あれば,この記事のコメントにどうぞ。

 

というわけで,あと2か月足らずですが,よろしくお願いします。

|

« 合格者体験談 | トップページ | 新司問題解析の方法論 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも拝見させていただいております。

このたびは合格おめでとうございます。

当方は、刑事系(刑法)が特に死因になり合格には及びませんでいた。

お尋ねしたいのですが、2回目受験するにあたり、どのように標準を調整しようと意識していましたか。意識的な点について特にお伺いしたいです。

お忙しいとは思いますが、お返事いただけたら幸いです。

投稿: 赤丸 | 2009年10月 1日 (木) 13時41分

赤丸さん
コメント,そしてお祝いの言葉,ありがとうございます!
「意識的な点」については,以下の別記事とさせていただきました。
http://tantoh.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/2-80d8.html

よろしければお読みください。

それから,「標準を調整」というのは,目標の設定というような意味でしょうか。

私の場合,1回目の受験では,短答・論文共に,どれかが特に低いというものはなかったのです。
そこで,全体的な底上げという形で,
 ○○の期間内に,全科目を1周する

という目標設定でした。

今回の私のように,刑事で4割も取れてないのに,公法で6割とって逃げ切り,というようないびつな合格者もいます。
そこで,底上げと逃げ切りのいずれを目指すかは,自由だと思います。
 モチベーションを維持できるものを選び,
 実行する!

ことが,大切だと思います。


答えになっていればよいのですが,
そーいう意味じゃ…
というようでしたら,また教えてください。

投稿: み (管理者) | 2009年10月 1日 (木) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 合格者体験談 | トップページ | 新司問題解析の方法論 »