« 規範はどれだけ暗記したらいいですか | トップページ | H21新司合格証書の受領 »

2009年9月12日 (土)

司法修習申込みの準備

司法修習の申込みには,本試験終了後に全員に配布された書面に明記されている通り,様々な書類を,合格発表後1週間以内に提出しなければなりません。

戸籍抄本
 戸籍抄本は,本籍地でしか取得できません。
 郵送依頼も可能ですが,それには通常1週間程度はかかるでしょう。
 修習申込みにおいては,住民票の写しで代用できるので,そちらが無難です。

住民票の写し
 住所地のほか,住民基本台帳カードがあれば,各地で取得できます。

登記されていないことの証明書
 各地の法務局に出向く必要があります。
 各支局や出張所では,取得できません。
 東京法務局への郵送依頼でも可能ですが,これには通常1週間程度かかります。
 300円の登記印紙が必要で,法務局の1階などで販売しています。
 依頼書を販売所の窓口で見せれば,確実に必要なものを売ってくれるでしょう。
 取得には,申込みから15分も見ておけば十分です。

成績証明書・卒業証明書
 法科大学院のもののほか,それ以外のものも必要です。
 郵送依頼をすると,1週間程度かかる場合もあるでしょう。
 追完が可能です。

健康診断票
 内科を掲げている医療機関であればたいてい受け付けてくれる程度の診断です。
 診断可能かどうかは,各医療機関の窓口や電話で確かめましょう。
 健康診断自体に1時間程度かかることでしょう。
 診断票作成までの期間は,当日中できる機関もあれば,2・3営業日必要な機関もあります。
 費用は,5000円ほどの機関から,7000~8000円程度の機関もあるでしょう。
 すでに他の機会に受診されている方は,診断表作成のみの期間・費用で足りる場合もあります。以前,私がこの方法で取得した場合は,3000円かかりました。

|

« 規範はどれだけ暗記したらいいですか | トップページ | H21新司合格証書の受領 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 規範はどれだけ暗記したらいいですか | トップページ | H21新司合格証書の受領 »