« 合格者講演 | トップページ | 合格者体験談 »

2009年9月23日 (水)

起案における決まりごと

起案において最も重要なことは,読む人の立場に立つことです。

それは,法律家が,人を文章で納得させる職業だからです。
人を文章で納得させるためには,人に読んでもらえる文章を書かなければいけません。

略字,ダメ。ゼッタイ。

といわれるのも,略字は他人が読めないからです。
字が読めなければ,文章を読んでもらえるはずがありません。
当たり前すぎますね。

 

グレイトフルデッド「南極条約 その1」

こちらでは,読みやすい文章のあれこれについて,丁寧に解説されています。
さすがです。

冒頭で結論を出す

ことによる副次的(?)効果としては,

ちゃんと予め構成したよ?
論理立てて考えたんだよ?

とアピールできる,というものもあると思いますよ。

 

しかし,これが徹底されている学生の起案には,滅多に出会いません。
そりゃそうですよね。
これが徹底されている先生方の文章にも,滅多に出会いませんもの。

などと,他人のせいにしてはいけません。
我々は我々です。
粛々と,読みやすさを追求していきましょう。

|

« 合格者講演 | トップページ | 合格者体験談 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

>み (管理者)サマ
 ご紹介いただき、光栄です。

>ちゃんと予め構成したよ?
>論理立てて考えたんだよ? とアピールできる

 仰るとおりだと思います。

 今後ともよろしくお願いします。

投稿: 堀馬 | 2009年9月24日 (木) 00時20分

コメントありがとうございます。

 読みやすさを解説する文章が,とても読みやすい!

というところに,堀馬さんのすばらしさが表れていると思います。

修習かどこかでお会いするかもしれませんね。
そのときはまたよろしくおねがいします。

投稿: み (管理者) | 2009年9月24日 (木) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 合格者講演 | トップページ | 合格者体験談 »