« H21新司再現選択労働1 | トップページ | 二回試験の貸与六法 »

2009年9月21日 (月)

H21新司再現選択労働2

平成21年度新司法試験の,選択科目労働法第2問の再現答案構成です。
 荒木尚志「労働法」(有斐閣,2009年8月)
 水町勇一郎「事例演習労働法」(有斐閣,2009年4月)

第一  [設問]1.
1  雇止めの法的性質
2  整理解雇法理の類推
判断要素 ①人員整理の必要性,②人選の合理性,③整理回避努力,④手続の適正
(1)  ① 一定程度
(2)  ② 一定程度
(3)  ③ 不十分
(4)  ④ 不十分
3  結論
労働契約法16条類推
第二  [設問]2.
1  懲戒処分の効力
2  賃金カットの効力

第1問は比較的構成からしっかりしていたような気もします。
しかし,第2問,特にその後半は,構成せずただ書き連ねたという感じの答案でした。

平均の山は超えながらも,跳ねられなかったのは,その辺りでしょうね。

|

« H21新司再現選択労働1 | トップページ | 二回試験の貸与六法 »

H21新司再現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« H21新司再現選択労働1 | トップページ | 二回試験の貸与六法 »