« 省略と省力 | トップページ | 採用応募とその連絡 »

2009年9月28日 (月)

H21答案構成用紙公法

堀馬さん が,今年の本試験の答案構成用紙等について書いておられて,面白そうなので真似してみます。

H21_といっても,私の結果では,公法以外は参考にならないでしょう。
ですから,公法のみということで。

 

私の答案構成は,堀馬さん とは真逆です。
非常にあっさりとしか書きません。

構成にかける時間についても短いです。
今年の憲法では20分程度です。
模試や日常の起案では,同程度の問題の短さのものは,15分で済ますよう心がけてきました。
25% ルールなどとも言われますが,私は勝手に 20% ルールに変更していました。
たまに,構成なしで書く訓練もしていましたよ。

 

画像では見えにくいですが,論点ごとに,必ず項番を振ります。
答案にするときの写し落としをなくすためです。
あと,これも見えにくいですが,19条は消してます。

あてはめで使う事実は,あまりあげません。
問題文をマークして,落とさないようにしています。
省力省力。

 

あと,答案構成用紙は,配られたらすぐに,なにげなく4つ折にしてしまいます。
そのままでは使いにくいですから。
注意事項には,指示前に問題を開くなとかはあります。
しかし,構成用紙を折るなとかはないのです。

 

それと,上の画像はスキャナを使用したものです。
以前にも紹介しました が,スキャナはとても便利です。
とりわけ便利なのは,就職活動など,同じ書類を何十部と必要とする場合です。
一度取り込んでおけば,後は必要に応じて印刷するだけです。

また,最近では,書類のメール送付が可能という事務所もあります。
メール送付するのに,カメラ撮影は見栄えが悪すぎですよね。
お持ちでない方も,成績証明書などは,どこかで取り込んでPDF化などしておくことをお勧めします。

|

« 省略と省力 | トップページ | 採用応募とその連絡 »

H21新司再現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 省略と省力 | トップページ | 採用応募とその連絡 »