« 給費制存続等署名活動の署名提出 | トップページ | ロースクール演習No.2 »

2009年7月16日 (木)

最判平成21年7月13日-建造物侵入罪(130)の客体についての一事例

警察署の高さ約2.4mの塀の上部に上がった行為について建造物侵入罪の成立が認められた事例。

1 …(1) 被告人は,交通違反等の取締りに当たる捜査車両の車種やナンバーを把握するため,大阪府八尾市所在の大阪府八尾警察署東側(以下「本件塀」という。)によじ上り,塀の上部に立って,同警察署の中庭を見ていたところ,これを現認した警察官に現行犯逮捕された。
(2)
 大阪府八尾警察署は,敷地の南西側にL字型の庁舎建物が,敷地の東側と北側に塀が設置され,それらの塀と庁舎建物により囲まれた中庭は,関係車両の出入りなどに利用され,車庫等が設置されている。同警察署への出入口は複数あるが,南側の庁舎正面出入口以外施錠などにより外部からの立入りが制限されており,正面出入口からの入庁者についても,執務時間中職員が受付業務に従事しているほか,入庁者の動静を注視する態勢が執られ,庁舎建物から中庭への出入りを制限する掲示がある。
本件塀は,高さ約2.4m幅約22cmコンクリート製で,本件庁舎建物及び中庭への外部からの交通を制限し,みだりに立入りすることを禁止するために設置されており,塀の外側から内部をのぞき見ることもできない構造となっている。
2 以上の事実関係によれば,本件塀は,本件庁舎建物とその敷地を他から明確に画するとともに,外部からの干渉を排除する作用を果たしており,正に本件庁舎建物の利用のために供されている工作物であって,刑法130にいう「建造物」の一部を構成するものとして,建造物侵入罪の客体に当たると解するのが相当であり,
外部から見ることのできない敷地に駐車された捜査車両を確認する目的で本件塀の上部へ上がった行為について,建造物侵入罪の成立を認めた原判断は正当である。

|

« 給費制存続等署名活動の署名提出 | トップページ | ロースクール演習No.2 »

判例6-刑法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1223134/30568414

この記事へのトラックバック一覧です: 最判平成21年7月13日-建造物侵入罪(130)の客体についての一事例:

« 給費制存続等署名活動の署名提出 | トップページ | ロースクール演習No.2 »