« H21新司短答得点分布グラフ | トップページ | H21新司短答地域別合格者等 »

2009年6月 6日 (土)

H21新司短答自己採点シート1.2

平成21年度新司法試験短答式自己採点シートを 1.2 にバージョンアップしました。

H21新司短答(択一)採点表 for MS-Excel2007

科目ごとの偏差値(全体ベースのみ。)と,論文での必要な得点を表示するようにしています。
また,ファイルの軽量化を図りました。

偏差値算出に必要な標準偏差自体は公式発表の対象ではありませんが,「人員調」から算出しています。

 

自己採点シートの記事を書いていて思ったのですが,最終合格基準点が820点だとすると,短答式の点数が215点でも,論文が各科目50点ちょっと(50.89点)あれば,合格できるのですね。短答式1位の321点の場合は,47.11点になります。

810点だとすると50.18点,800点だとすると49.46点と50点をわずかに下回ります。

ただ,論文でコンスタントに1点でも上げるのは,大変なことではありますが。

|

« H21新司短答得点分布グラフ | トップページ | H21新司短答地域別合格者等 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1223134/29977716

この記事へのトラックバック一覧です: H21新司短答自己採点シート1.2:

« H21新司短答得点分布グラフ | トップページ | H21新司短答地域別合格者等 »